筆者がレンタルサーバーを使い始めた10年位前は、レンタルサーバーといえば○○といったようにいくつかの定番のレンタルサーバーの会社があったし、初めてレンタルサーバー使うならココのように選択肢は2、3択くらいだった。

昨今は、レンタルサーバーのサービスを提供している会社はかなり増えてきて、初めてだと選ぶのに悩ましい状態ではある。

また、レンタルサーバーサービスの増加の背景として、WordPressの普及があり、このWordPressにフォーカスしたサービスの増強なども行われてきている。

ただ、レンタルサーバーを初めて利用するのであれば、やはり2、3択位に絞られるのは変わらないかなというのが、ここ10年以上レンタルサーバーを利用してきた実感である。

今回はその候補の一つ「さくらインターネット」のレンタルサーバーについて見てみる。

昨今の使い方に多いであろう、WordPressを使ってウェブサイトを立ち上げる観点でみてみることにする。

<独自ドメイン>

独自ドメインとは、インターネット上のホームページを認識するための独自のアドレス(住所)のこと。

「お名前.com」や「MuuMuuドメイン」といったところでも取得できるが、レンタルサーバーと合わせて取得できるところもある。

さくらインターネットで独自ドメインも取得すれば、ドメイン設定の設定がいくらか省けるので初心者にはやさしい。

<マルチドメイン>

マルチドメインとは、1つのサーバーで複数のドメインを管理できる事を指す。

将来的に複数のサイトを運用することが少しでも視野にあれば、見ておいたほうがよいが、最近のサービスでは大抵は事足りる。

例えば、人気のさくらのスタンダードプランならマルチドメイン100個まで使えるので、充分すぎるほどある。

<MySQL>

MySQLとは、データベースの1種でWordPressを利用する場合必須のもの。

1サイト当たり1つ必要なので、WordPressで複数サイトを運営する場合、いくつサイト運営できるかは、実質この数で決まることが多い。

例えば、さくらのスタンダードプランなら20個まで使えるので、つまり独自ドメインでWordPressのサイトを20個まで作ることができる。

<PHP>

Web開発でよく使用されるスクリプト言語のこと。WordPressを利用する場合必須のもの。

もちろん、さくらのスタンダードプランは利用可能である。

<クイックインストール>

WordPress等のCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)を簡単な操作でインストールできるサービスのこと。

これを使うと、簡単にインストールができる。

もちろん、WordPressをダウンロードして、FTPでサーバーにアップロードしてもよいのだが、アップロードに時間がかかるうえに、通信が中断したりすると、やりなおしになってしまったりするので、これを使うのが便利である。

…とここまでがWordPress利用する上で、マストなチェックポイント。

ただ、実のところ、レンタルサーバー各社の標準的なプラン以上なら大抵条件を満たしていたりする。

では、さくらのレンタルサーバが、おススメの理由は… 高速化とあんしん

「高速化」という点では、他社のレンタルサーバーが全面に推しているところがあり、その点でさくらは正直見劣りする時期があったのだが、近年さくらのレンタルサーバーも以下のように高速化が図られているのだ。


https://www.sakura.ne.jp/speedup/


例)PHP7.2とAPCuキャッシュ機能
https://www.sakura.ad.jp/information/announcements/2018/07/11/1968197165/

HTTP/2機能
https://www.sakura.ad.jp/information/pressreleases/2018/03/07/90208/

 

それでも、スタンダードプランで月額500円から使えるのはかなりお得ではないか、ということ!

高速化の恩恵を受けるには古いサーバーではダメだそうだが、逆にこれから申し込む分については、もれなく高速化の恩恵を受けられる。

さらに、利用者からするとレンタルサーバーは動いていて当然なので、あまり意識しない点であるが、2018年9月に起きた北海道胆振東部地震のときに、北海道全域がブラックアウト(停電)したときでも、さくらのデータセンターはバックアップ電源で60時間無停止で稼働していた実績がある。

(注:さくらのデータセンターは北海道の石狩にある)

いざというときの備えなので、利用者からは見えづらい部分なのだが、さくらは「あんしん」も実証済である。