お名前.comといえば、独自ドメインを取得する際にお世話になる会社のイメージですが、レンタルサーバーのサービスも提供しているのをご存じでしょうか。

今回は、 お名前.comレンタルサーバーについて見てみます。



お名前.comレンタルサーバーのプランは3種類

お名前.comのレンタルサーバーには一番人気のある「SD-11」とハイスペックな「SD-12」に加えて、「SEOテーマパッケージプラン」の3種類のプランがあります。

 
  • SD-11 (月額:900円)
  • SD-12 (月額:1,800円)
  • SEOテーマパッケージプラン(月額:900円 + 賢威:18000円)

十分なディスク容量 200G~

「SD-11」でもディスク容量は200GB、「SD-12」では400Gと十分な容量があります。

なので容量を気にせず使うことができます。

独自ドメイン数は無制限

独自ドメイン取得サービスを提供しているだけあってなのか、マルチドメイン、サブドメインとも数は無制限に設定できます。
これは、ドメインという観点だけでみればレンタルサーバー契約1件でいくつでもサイトを運営できるということ。
また、日本語ドメインも使用可能。

データベース数も多く50以上~

データベースはWordPress(ワードプレス)などCMS(コンテンツマネジメントシステム)を使う場合に必要となります。基本的には1データベースで1サイトなので、データベース数の数だけサイトを設置できます。

データベース数は、運用するサイトが1つだけの場合気にする必要はないですが、複数のサイトを運営するならチェックしておくとよいでしょう。
「SD-11」プランでは、データベース:50個なので、最大で50サイトまで設置できます。「SD-12」プランではサイト数は無制限となります。

WordPressのサイト構築に便利

「かんたんブログインストール」を使えば、WordPressの設置も簡単にできます。
また、プラグイン「Jetpack」があらかじめインストールされています。

Jetpackとは31種類の便利な機能が利用できる高機能なWordPressプラグインのこと

WordPressが初めてでもかんたんに設置できるし、手間も省けます。

高速なサーバー環境

サイトへの集客を考えると、静的なSEO対策だけでなく、サイトの高速化も重要なポイントです。サイト表示に時間がかかってしまうと、それだけでサイトからの離脱率が高まってしまいます。

お名前.comのレンタルサーバーでは、高速化のための『mod_deflate』、『mod_expires』モジュールが使えるようになっています。これらを利用してサイト表示の高速化が可能となっています。

mod_expires
mod_expiresは指定したファイルタイプのみキャッシュさせる事ができます。
Apacheのモジュール、mod_expiresを利用してキャッシュを利用し、転送量を軽減させて負荷対策します。
キャッシュを利用すると負荷対策ができ、サイトアクセスの体感速度も向上します。

mod_deflate
サイト運営をしていてアクセス数が増えてくると当然転送量も増えるわけですが、それによってレスポンスが悪くなったり転送量制限に引っかかったりする場合があります。
Apacheにはそれを解決するためにmod_deflateというモジュールがあり、コンテンツをgzipに圧縮して転送量を改善することができます。

SEOパッケージプランは賢威がセットに

SEOテーマの決定版 「賢威」と「SD-11」がセットになったプランです。SEOに特化したWordPressテーマ「賢威」を、お名前.comのレンタルサーバーならすぐに使えます。

「賢威」には、SEOテーマだけでなく、「賢威」の提供元のウェブライダー式SEOが学べるSEOマニュアル、テーマのカスタマイズ方法などをサポートしてもらえるサポートフォーラムの利用権が付属しています。

「お名前.com」レンタルサーバーのまとめ

容量を気にせず使える容量など、同スペック帯では、業界No.1クラスのコストパフォーマンスを誇っています。

また、導入もしやすいことから、初心者の方からプロの方まで使える、高品質レンタルサーバーといえるでしょう。

SEO特化型のWordPressテーマのセットプランもあり、お名前.com の共用サーバーは多くのアフィリエイトサイトでも使われています。
アフィリエイトでどのレンタルサーバーにしようか迷っていたら、ドメイン取得とあわせて、お名前.comレンタルサーバーにしておくというのもオススメです。


お名前.comレンタルサーバー
共用サーバーは、初期費用が「無料」で、しかも月額料金が「最大2ヶ月無料」!