とある会社で契約しているレンタルサーバーの更新時期が来たので、レンタルサーバーのサービスを改めて見ていたら…
ConoHa WING(コノハウィング)」「国内最速レンタルサーバー」というのが目に入ってきた。

これはGMOインターネットという会社が提供するレンタルサーバー。

気になることはすぐに調べてしまう性分。

気が早い人のために結論からいうと、本格的なWebサイト、アクセスの多いサイトなどにおススメなのだが、最安プランだと月額1200円からなので、そうでなくても利用してもよさそうな感じである。

<「国内最速」という点>

最新のCPU搭載サーバー+オールSSDの高速ストレージとハード面での高速化に、キャッシュ機能、HTTP/2、PHP7、nginx対応、LiteSpeed LSAPIとあらゆる高速化の手段を採っている。

転送量がベーシックプランでも2.5TB/月程度あり、Webサイトの立ち上げには十分な転送量であるし、プラン変更が容易なので、最初安価なベーシックプランから始めて、アクセス数が上がってきたところで、よりハイスペックなプランに変更することも可能だ。

また、運用観点では、Webサイト、メール、データベースのデータを毎日自動バックアップしてくれるので、自分でバックアップする手間が省ける。

ハイスペックなレンタルサーバー、国内最速、それで、月額1200円からというのは、かなりお得ではないか。

しかも、初期費用無料という良心的な料金設定がうれしい。

あとは、選ぶ人次第なのだが、この最速、高速といった点にどこまで拘るかなのだが、

正直、Webサイト立ち上げ時は、月額千円を切るより安価なレンタルサーバーでもよいかもなのだが、

やはりWebサイトにアクセスしたときのレスポンスが悪いと、サイト訪問者をイライラさせるし、それで、アクセスをやめてしまうかもしれないので、機会損失になりうる。

また、SEO的にもレスポンスも関係しているので、やはり速いに越したことはないのだ。

…なんて記事を書いているうちに筆者も今使っているレンタルサーバーを変えてみたくなった。

ただ、そうなると頭が痛いのが、サーバーの引っ越し作業。

過去の経験上何かの設定がうまくいかなくて、すんなりいかないとか、なにかと時間を費やす、苦い思い出が…(苦笑)

しか~しだ。

ConoHa Wingのレンタルサーバーには「WordPress簡単移行」機能があり、他社に設置している WordPress サイトを、そっくり簡単に移行できてしまうのだ。なんと、入力する内容は、たった「移行元の URL / WordPress のユーザー名とパスワード」だけという、マジで簡単だったりする。

mmm…これはもうサーバー移行するしかないっすね~、と自分的には、申込みボタンをぽちっとすぐにも押したい気持ちなのだが、周囲に同意を求めるように顔色をうかがう。

いいけどトラブったら責任とってね~、という目線を感じつつ、今回は筆を収める。

ConoHa Wingならきっと大丈夫!

その模様は後日談として書くとしよう。